海への散骨についての許可や法律についてご質問 フリーダイヤル0120-009-352
海洋散骨の許可や法律その手続き

東京海洋散骨ホーム

散骨費用プラン

お客様の声/口コミ

フォトギャラリー

遺品整理/福祉整理

お問い合わせ

お申込書

ご遺骨の送り方

葬祭業者様へ

ペット散骨について

散骨の歴史

会社概要

個人情報保護方針


よくあるご質問

手元供養品の例

海洋散骨ブログ

葬儀散骨生前契約
    よくあるご質問及びご相談(法律、許可、手続きなど)

散骨について多くの方から頂くご質問をまとめてみました。

Q:散骨は違法ではないのか?

違法ではございませんが条例により規制されている地域もございます。しかし、そのほとんどが海以外での散骨を禁止するものです。漁場、定置網のある海域、海水浴場・観光地の海・レジャーで賑わう海岸近く、他の船舶の往来を妨げる場所などで行わない限り問題ございません。確かに散骨に関する法律はまだ制定されておりませんが多くの散骨業者さんは自主的なルール、そしてマナーに基づき散骨を行っているはず、そうあって欲しいと東京海洋散骨では考えています。東京都福祉保健局の散骨に関する留意事項のページが参考になるかと思います。また、東京海洋散骨の散骨では海水に溶け易いようご遺骨をパウダー状に細かくしております。献花用の生花は茎を取り除き、がくの部分も極力取り除きます。



Q:散骨にあたり役所への届出/許可は必要か?

現在のところ必要ございませんが、お墓からお骨を出されて散骨(一部でも)される場合は「改葬許可」や「改葬申請」が必要になるケースもございますのでお墓のある霊園や寺院さんにご相談なさってみてください。その場合は、散骨に関して否定的な意見を言われるケースもあるかもしれませんが葬送の自由がありますのでご自分の考え方をしっかりと述べられても良いかと思います。



Q:自分で粉骨してよいか?

全く問題ございません。ただ、かなり細かくパウダー状にする必要がありますので弊社にお任せいただいたほうが良いかと思います。また、東京海洋散骨では金属類は自然環境を守るためにすべて取り除くという独自ルールを定めております。東京海洋散骨の散骨プランはすべて粉骨費用を含んでおり別途費用を頂きません。粉骨のみの場合は費用が発生いたしますのでご了承ください。



Q:分骨したほうがよいのか?

全部を散骨する、お骨の一部を手元に残したい、またはお墓に入れたい・・・考え方は様々ですのでお客様ご自身とご家族、ご遺族、親戚の方などとご相談してお決めください。東京海洋散骨では手元供養品の販売も行っております。



Q:ペットの散骨も一緒にしてもらえるのか?

愛犬、愛猫、その他のペットも家族同然です。故人様が愛し、そして故人様を愛していたペットの散骨もご相談ください。いつの日かペットの散骨を考えておられるという方は、ペットがお亡くなりになれた際に最寄のペット霊園さんなどで個別火葬を行い、ご遺骨をお近くにおいておくことをお勧めいたします。尚、東京海洋散骨では人間の散骨とは別日程でペットのみの委託散骨、チャーター散骨も可能です。



Q:散骨はいつ頃したらよいのか?

特に決まりはありません。四十九日が過ぎてからという決まりもありません。ご遺族様のご都合でお決めいただくのがベストかと思います。例え、委託散骨であっても、より多くのご遺族様やご友人様がお見送りできるスケジュールで皆さんで温かく船を見送られるのも素敵なことだと思います。もちろん、一緒に乗船され散骨をご遺族様ご自身の手で行い、海へ還っていくお姿をお見送りになる・・・東京海洋散骨のチャーター散骨・・・きっと故人様もお喜びになるに違いありません。



Q:遺骨を持っていっても大丈夫か?

大丈夫です。埼玉県三郷市、埼玉県入間市、千葉県船橋市の事務所でお預かりさせていただく事が可能です。事前にご連絡の上ご来社をお願いいたします。



Q:遺骨は送れるものなのか?

ゆうパックで送ることができます。遺骨の送り方はこちらをご覧ください。



Q:支払い方法は?

現金、またはお振込みでお願いしております。お支払い頂いてからの散骨実施となりますのでご理解お願いいたします。



Q:身寄りがいないのだが散骨をしたい・・・

東京海洋散骨では生前からの散骨依頼が多いのも特徴です。身寄りがおられない方も遺言執行者、後見人を立てることによりスムーズに散骨依頼が可能です。詳細はご相談ください。もちろん、ご家族がおられる場合でも、ご家族様がご了承頂けましたら生前散骨契約が可能です。申込用紙もございますのでお声掛けください。



Q:墓じまい、離壇するので散骨を行いたい・・・

お墓から出されたお骨の散骨ももちろん可能です。少子高齢化、核家族化等の現代においてご相談いただくことが多いケースの一つです。寺院さん等とのお話し合いも必要になってきます。また、長年お墓にお眠りになっていたお骨壷の中のお骨は水分や埃、虫等でかなり汚れてしまっています。東京海洋散骨では粉骨前に洗浄、乾燥を専用の機械で行います。著しく水分を含んでいたり、汚れていない限り費用を別途いただくことはございません。



Q:すべて散骨した後の供養はどうすれば・・・

散骨は自由な葬送(自然葬)です。ご供養も自由だと考えます。海が見えたらいつも以上に故人様を想い、偲ぶことが何よりの供養だと思います。時には散骨した海域の近くに行ってみるのも良いかもしれません。また、法要クルーズとでも言いましょうか、散骨された海域に行かれて供養されたいというお客様もお声掛け頂けましたらチャーター船でのご案内も可能です。実際に、毎年行かれているお客様もおられます。もちろん、代理法要も承ります。



Q:必要な書類はありますか?

火葬・埋葬許可証のコピーをお願いします。もし、紛失されている場合でもお申込書にご署名いただく事により散骨は可能となります。いずれの場合でもお申込者様の身分証明書(運転免許証や健康保険証など)のコピーを頂いております。これは、誰のものかわからないお骨を散骨しないため、また、散骨という素晴らしい自然葬を悪用されないために東京海洋散骨が定めた独自のルールとなります。お手数かとは思いますがご理解お願いいたします。



Q:宗教、宗派?

これまでに様々な宗教、宗派の皆様が海への散骨を選択されております。反対の立場、賛成の立場(エホバの証人など)色々おありかと思いますがまずはご家族様とご相談されてみる事をお勧めいたします。





その他、ご質問、ご相談がございましたらお問い合わせのページから、または直接メール、フリーダイアル0120-009-352にてお気軽にどうぞ。



ご相談・ご質問はお気軽にどうぞ。
0120-009-352
khaga@sankotsu.myserver.ne.jp

COPYRIGHT(C) 2017 東京海洋散骨. ALL RIGHTS RESERVED